ゲイシャ発祥の地からやってきた高貴なコーヒー



Só AquiSó Aqui

あの子はいい子だな。だったけれど、分かれてしまった。もう会えない。

そんな時「ふと」あの子を思い出す…会いたい」ってな子!です💕


その香りから名付けられたジャスミン
それだけではない味のハーモニー
そして飲んだ後の余韻に溢れる
そんなコーヒーです

「ゲイシャ」発祥の地エチオピア。そこからやってきたこのコーヒー。

それが「モカ ゲイシャ ジャスミン G1」です。



※ゲイシャとは
コーヒー豆の品種のこと。2004年にパナマにある「エスメラルダ農園」が品評会に出品した「ゲイシャ」が当時世界最高額で落札されたことで一躍有名になった品種。
その名前は最初に発見されたエチオピアにある「ゲシャ村」が語源。

高地(1,600m〜1,800m)栽培が必要なため現在でも栽培量は少なく希少性が高い品種。

2014年にスタバが1杯2000円!という価格で登場させ、話題にもなりました。



その味の特徴はというと・・・・
まずやってくるのはモカらしい酸味。ここにジャスミン?レモンティー?のようなフローラルな香りがほのかに伝わります。この香りのような味がゲイシャ種の特徴。モカの酸味に合わさることで本当に紅茶のような味わいになります。

 

それだけで終わらないところがこの品種の凄いところ。そこからコーヒーらしいコクと風味が後を追いかけるようにじわ〜っと口中に広がります。

そのコクと最初の香りが混ざり合うことでなんとも言えないハーモニーが口の中で奏でられてその余韻がいつまでも楽しめる。

そんなコーヒーです。

 

このコーヒーはまだこれで終わりません。その余韻は忘れた頃に再びやってきます。

「また飲みたいなぁ」と懐かしむように思い出す味の記憶がなんともたまらないです。

 

Só Aquiでは最初のテイスティングでは採用見送りという判断でした。

それは現ラインナップである「モカ イルガチャフィー  ベレカG1」と似たような味だったから。

そう、まだ最初の酸味・香りしか味わえていなかったのです。

その後でやってきたコーヒーのコク、そして日にちが経ってからじわ〜っと振り返すような味の記憶に虜になっていきました。

一番遅い人は1週間経ってから「あ〜また飲みたい❤️」と言い出してます。

 

そうなんです。この感覚がこのページ最初で述べた感想です。

「なんじゃそれ?コーヒーの感想じゃないじゃん!」と思われた方、一度飲んでみてください。

その味の虜になってまた会いたい!と思うはず。そんな幸せを感じてください

「幸せの珈琲」と「癒し珈琲」の違いって何?

<< 産地一覧へ戻る >>