Só Aqui(ソーアキ)では珈琲豆だけでなく、「クラフトコーヒー」も販売しております。

クラフトコーヒーの明確な定義はないのですが、クラフト(craft)という言葉が手芸や技能といった意味で使われることから、『手作り感のある丁寧に作られたコーヒー』という意味で一般的には使われています。

Só Aquiでは、丁寧にハンドピック、焙煎してできた珈琲豆を抽出して瓶に密封した珈琲「クラフトコーヒー」と呼んでいます。

このクラフトコーヒーは栓を開けるだけですぐに飲める飲み物です。

Só Aquiではこのクラフトコーヒーを

贈り物に最も適した珈琲

お店の味わいをご自宅で楽しむための飲み物

という位置付けとしています

 

まず、クラフトコーヒーは栓を開けるだけで飲めます。

そのためお持ちの珈琲器具によらないので贈り物として最適です。

さらに見た目も贈り物として使えるよう素敵な仕上がり、ラベルとしました。

そして

栓を開けて飲むだけでお店の味わいがそのまま楽しめます。

さらには炭酸水で割る炭酸珈琲、カフェラテベースを牛乳で割る珈琲牛乳、アイスにカフェラテベースをかけるアフォガートは

トレーラーカフェ『おいしい珈琲が飲めるお店』でも提供しているメニューです。

それをご自宅で簡単に楽しむことができます。特にカフェラテベースはエスプレッソマシンがないとできない味わいが

すぐに楽しんでいただけます。

 

コーヒーは豆の状態ですと焙煎してから日が経つにつれ鮮度が落ちていき、風味や味わいがどうしても変わってきてしまうのですが、

瓶に密封することで、焙煎した後の風味や味わいが長期間続くことになり、栓を開けた瞬間から、豆本来の味わいをお楽しみいただけることができるのも、クラフトコーヒーならではの魅力です。


Só Aquiが厳選した最高品質の珈琲豆を使用|ギフトとしても人気が高いクラフトコーヒーはコチラ

さらに、美味しいコーヒーをいつでも飲めるように瓶詰めしたと言いましても、、、

Só Aquiのクラフトコーヒーは
ただの瓶詰めコーヒーでは
ありません。

瓶詰めの液体コーヒーは通常、添加物を加えることで賞味期限が長くなるようにしています。

そうすることで賞味期限は伸びるのですが出来立てでも味わいは変わってきてしまいます。

そこでSó Aquiのクラフトコーヒーは「添加物を全く入れずに加工する業者」にお願いして作っていただいています。

それでも賞味期限は半年と十分楽しんでいただける長さになっています。

そして味わいはお店で飲むコーヒーと遜色ない味わいが楽しめます。

クラフトコーヒー
だからこそ感じられる
豆が持つ最大のポテンシャル

Só Aquiが厳選した最高品質の生豆をオールハンドピックし、焙煎をして作り上げた珈琲豆を無添加で作り上げることで

珈琲豆が持つ最高のポテンシャルをいかになく引き出した状態を、瓶に凝縮することが可能になりました。

こうして出来上がったクラフトコーヒーは、最高品質の珈琲豆を最高の状態で、いつでも気軽に飲みたい方だけでなく、

クラフトコーヒーだからこそ味わえる、豆の最良な味わい、豆が持つ最大の潜在力を体感したい方にもオススメです。ギフトで贈られる方も多くおられる、Só Aquiの人気の商品です。

 

ストレート?
それとも、
カフェラテベース?

クラフトコーヒーには、「ストレート」と「カフェラテベース」の2つのタイプがあります。

ストレート

瓶を開けたら、そのままアイスコーヒーとしてお召し上がりいただけます。

おすすめは炭酸水で割る炭酸珈琲。スッキリ爽やかな味わいです。

また、牛乳やお酒との相性もよくてコーヒーのコクが合わさることで

感じたことのない新しい味が楽しめます。

カフェラテベース

濃縮されたコーヒーベースに砂糖が入っており、ミルクや水で3〜4倍に薄めていただくことで、簡単にカフェラテとして美味しく召し上がりいただけます。

アイスにかけてもアフォガートのようなあじわいが楽しめます。

こだわりが掛け合わされて出来上がった、最高品質のクラフトコーヒーをぜひご賞味ください。